国分寺市 個人再生 法律事務所

国分寺市に住んでいる方が借金返済に関する相談をするならどこがいい?

借金をどうにかしたい

借金の金額が多すぎて返済が苦しい…。
借金を複数抱えているから、債務整理したい…。
もしもそう思っているなら、できるだけ早く司法書士・弁護士に相談を。
司法書士・弁護士が提案してくれる解決策で、返済金額が減ったり、督促がSTOPしたり、という様々なメリットを受けられる可能性があります。
昨今ではネットで無料相談できる法律事務所や法務事務所も沢山あります。
ここでは、それらの中で国分寺市にも対応している、オススメの所を紹介しています。
また、国分寺市の地元にある法律事務所や法務事務所も紹介しているので、それらも参考にしてみてください。
借金問題は、一人だけで解決するのは難しいものです。
司法書士・弁護士の知恵や知識を借りて、解決への糸口を見つけましょう!

個人再生・借金の相談を国分寺市に住んでいる方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

国分寺市の債務・借金返済問題の相談なら、こちらがオススメです。
弁護士が対応してくれて、全国対応の弁護士事務所。
初期費用が無料なので、手持ちがなくても安心です。
料金の支払は、分割払いでもOK。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金の督促をSTOPすることも可能です。
自己破産、個人再生、任意整理、過払い金、など、借金・債務の問題について相談することができます。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(電話料金無料)で相談受付できるので、お金に困っている方も今スグ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国対応の、借金や過払いの問題が相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたに適したやり方で多重債務・借金の問題を解決していきます。
また、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻した過払い金から費用を精算できます。
任意整理でも、減額報酬や和解成功報酬などは一切取らないため、おトクに解決できます。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方も安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

国分寺市の方が借金や債務整理の相談をするならまず、このサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネットを使った借金の診断ツールです。
簡単な質問に答えるだけで、借金を減らすための方法や、月々の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな人にピッタリです。
しかも、無料で、匿名で利用できます☆
全国対応しているサービスなので、国分寺市の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 毎月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料&匿名で利用できる!
  • 全国に対応!
債務・借金の悩み、匿名で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の診断と相談を。



弁護士へ相談前の注意



国分寺市近くの他の司法書士や弁護士の事務所を紹介

他にも国分寺市には複数の弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●西国分寺駅前司法書士事務所
東京都国分寺市泉町3丁目33-2
042-301-5008
http://nk-saimuseiri.com

●弁護士法人アルファ総合法律事務所(国分寺オフィス)
東京都国分寺市南町3丁目8-14 クレンズハウス401
042-313-9743
http://alpha-kokubunji.com

●近藤誠司法書士事務所
東京都国立市 北一丁目5番の17
042-501-2151
http://kondo-office.com

●坂本司法書士事務所
東京都国分寺市並木町1丁目3-65
042-313-9428

●星司法書士事務所
東京都国分寺市本町2丁目23-6 千代鶴ビル 3F
042-312-0470
http://staroff.jp

●鈴木奈加子司法書士事務所
東京都国分寺市東元町1丁目11-4
042-304-7711

●延島勝司法書士事務所
東京都国分寺市南町3丁目8-20 ヒミコマンション403
042-322-7709

●國松偉公子司法書士事務所
東京都国分寺市 本町3丁目 第8千代鶴ビル5階
042-300-0255
http://kunimatu.jp

●二階堂司法書士事務所
東京都国分寺市本多1丁目9-3
042-327-3153

●三浦・大島司法書士事務所
東京都国分寺市南町3丁目4-12 フタバビル 2F
042-321-8000

●こん・さいとう司法書士事務所
東京都国分寺市本町2丁目22-2 第一鴨下ビル306
042-324-0868
http://office-kon-saitou.jimdo.com

国分寺市にある地元の司法書士・弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ですが、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談などの方が、不安なく相談できる方も多いのではないでしょうか。

国分寺市在住で借金の返済問題に参っている状態

キャッシング業者やクレジットカードのリボ払い等は、かなり高い金利がつきます。
15%〜20%も金利を払わなければならないのです。
住宅ローンの金利は0.6%〜4%(年間)くらい、車のローンの金利も年間1.2%〜5%くらいですので、ものすごい差です。
そのうえ、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに利子を設定するような消費者金融だと、利子がなんと0.29などの高利な金利をとっていることもあるのです。
非常に高利な金利を払いながら、借金はどんどんふくらむ。
お金を借りたのは自己責任なので仕方ないですが、高い利子で額も大きいという状況では、完済するのは厳しいでしょう。
どう返済すべきか、もはや何も思いつかないなら、法律事務所や法務事務所に相談してはどうでしょう。
弁護士や司法書士ならば、借金を返す解決策を捻り出してくれるでしょう。
長期の返済計画かもしれませんし、過払い金の返還で返す金額が減るのかもしれません。
まずは相談、解決にはこれが第一歩です。

国分寺市/債務整理のデメリットとは|個人再生

債務整理にもいろいろな手口があって、任意で貸金業者と話し合いする任意整理と、裁判所を介した法的整理である自己破産や個人再生という種類があります。
ではこれ等の手続につき債務整理デメリットという点があるでしょうか。
これらの3つの方法に同様にいえる債務整理デメリットというのは、信用情報にその手続をした旨が掲載されるという点ですね。いわゆるブラックリストという状態です。
そうすると、おおよそ5年から7年くらいの間は、カードが創れなかったりまた借入れが不可能になるでしょう。けれども、あなたは返金に日々苦悩し続けこれらの手続を行うわけなので、もう暫くは借入しない方が良いのじゃないでしょうか。
クレジットカードに依存し過ぎる方は、逆に言えば借入れができなくなる事でできない状態になることにより助けられるのじゃないかと思います。
次に自己破産若しくは個人再生の債務整理の欠点ですが、官報にこれ等の手続を進めた事実が掲載されることが上げられます。しかし、あなたは官報など視た事が有りますか。逆に、「官報とはどんなもの?」という人のほうが複数人いるのじゃないでしょうか。
実際、官報は国が発行する新聞のような物ですけれども、やみ金業者などの極僅かな人しか見てません。ですので、「自己破産の実情が周囲の人に広まった」などという心配はまず絶対にないでしょう。
最後に、破産独特の債務整理のデメリットですが、1辺破産すると7年間は再び自己破産はできません。そこは配慮して、2度と自己破産しなくてもよいようにしましょう。

国分寺市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/個人再生

率直に言って世間で言われているほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。マイホームや土地や高価な車など高価値の物件は処分されるのですが、生活するなかで要る物は処分されません。
又二十万円以下の貯蓄も持っていても問題ないのです。それと当面の間数か月分の生活に必要な費用百万未満なら没収される事は無いです。
官報に破産者のリストとして記載されるのですがこれもごく一部の方しか見ないです。
又俗に言うブラック・リストに記載されしまい7年間位の間はローン、キャッシングが使用出来なくなるでしょうが、これは仕様がないことでしょう。
あと一定の職種に就けないという事が有ります。しかしこれも僅かな限られた範囲の職種なのです。
ですので債務超過で返済することのできない借金を抱え込んでるのならば自己破産を実行するというのも1つの手口です。自己破産を実施した場合今までの借金が全部チャラになり、新たな人生を始めると言うことで利点の方が大きいと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限とし弁護士や税理士や公認会計士や司法書士などの資格は取り消されるのです。私法上の資格制限とし遺言執行者、保証人、後見人にもなれないです。又会社の取締役等にもなれないです。けれどもこれらのリスクは余り関係が無い場合が多いのじゃないでしょうか。リスクはあんまり大きなものじゃ無いはずです。