好きな仕事に就くために情報を得る方法

ポジティブに考える

ベンチャー企業について

 ベンチャーというと、どのようなイメージを持っているでしょうか。やはり新規に設立された企業ということで、福利厚生が整っていないのではないか、業績が不安定なのではないかとネガティブなイメージを持つ人がいます。しかし、それはベンチャーだけでなく、ほとんどすべての企業に当てはまることです。老舗の大手企業であれば100%福利厚生が整っているとは限りません。また、昨今の経済状況では業績が常に安定しているという企業というのは、探すほうが難しい状況です。したがって、上記のネガティブな印象は、先入観と言っても過言ではないのです。むしろ、ベンチャーは新しく設立したばかりだからこそ、老舗企業が取り入れていない新しい制度を積極的に導入しています。そういう意味でも、決して大手企業にひけをとらず、魅力的な企業と言えるでしょう。

人材募集の現在の取り組みについて

 それでは、ベンチャーは人材募集をどのようにしてやっているのでしょうか。ベンチャーの場合、どうしても知名度が低く、事業内容も世間一般の人が容易にイメージできるようなものではないことが多いのです。それは新しい事業だから当然なのですが、だからといって身内や身近な人だけでは人は集まりません。そこで活用するのが人材会社です。人材会社に依頼して人集めをしてもらうのです。就職している人に企業を紹介してもらって面接や筆記試験というステップを踏むのです。就職活動している人はどうしても大手企業に目が向きがちです。ベンチャーで非常に魅力的な事業をやっていても、就職活動中の人はなかなか探すことが難しいという現状があります。そこで、ネット上で就職活動中の人から企業が求めている人材にマッチする人をスカウトして企業に紹介するという手順を踏みます。こうすることで、企業は求めている人材を獲得するのです。